人気ブログランキング |

2011年 04月 18日 ( 1 )

 

脳死と臓器移植

昨年、15歳未満の脳死と判定された患者からの臓器提供を受けて臓器移植が認められるようになった。
これで多くの子供たちが救われるようになるでしょう。
しかし今日のトピックスで臓器提供に踏み切れない若い夫婦のコメントが載っていた。

お母さんは医療従事者。
臓器提供すれば助かる子がいる。
別な形で生き続けることができる。でも心臓が動いている。しかも体が温かい状態で脳死と判定され臓器提供はできない。
本当に難しい問題です。

私も過去に提供を受ける側にいて世界中のネットワークにさえ登録しました。
しかし提供を受けることはできませんでした。

両極の思いは正反対です。
簡単に結論が出せないですね。
そんな中先日、15歳の提供者が現れ5人の患者に提供され無事終了しました。

この問題で危惧することは提供しないことがいけない、提供せざるを得ない社会感情にだけはなってほしくありません。臓器提供が義務?なんてつらすぎます。簡単に「いいですよ!」なんていえる問題じゃありません。
どちらに結論を求めてもその家族は一生この判断で悩まされるに違いありません。

by abacus88 | 2011-04-18 19:01 | 雑感 | Comments(0)