親の指導

今日生徒のお父さんから電話をいただきました。
「息子が辞めたいと言っているので辞めさせたい。」

経過を説明すると
昨日休みがちな生徒の家に欠席していると連絡しました。
本人は行ってきたと言っていたようです。
そして本人とお父さんと話をした結果電話をくださいました。

私は習い事などではどうしても嫌になる時期があります。
またそれは一時期的なもので誰でも体験することであり、それを克服していくことが習い事でしか身につかない忍耐力です。さらにこのケースだと他の習い事や大きくなったときの部活など強制力がないものはすぐに投げだしてしまう傾向が強くなること。それらの理由からここは親としての我慢する時期であり親としての指導力を植え付けるのに適したタイミングではないかと話をしました。

結論は再考してみるということでしたが・・・。

子供が嫌がることをさせなくてもいい、子どもの自主性を・・・
ちょっと見方を変えてみてください。

参考までによく授業中にこんなことを聞きます。
「今まで辞めたいと思ったことがある人手を挙げて!」
ほぼ全員が手を挙げます。

中には「だってお父さんがやめちゃダメって言うから」と言う子もいます。
継続させることは簡単ではありませんが、継続させたことは大きな財産になることは間違いありません。
[PR]

by abacus88 | 2008-11-28 21:38 | 雑感 | Comments(0)  

<< 鍋うどん 躾 しつけ >>