かっこよすぎる 平尾誠二

ラグビーの平尾さんが亡くなった。
特別なファンとかラグビーのファンではない。

しかし昨日からの報道で かっこよすぎる 平尾誠二 のファンになった。

スポーツの世界は勝負の世界。
当然、勝ちに行く事は最大の目標であり勝ちたいという気持ちが大きい。
でも 平尾さんは選手時代、監督時代にほかの選手たちには 勝とう、勝つ・・・
とは一言も言わなかったらしい。
勝負は神様が決めること。
選手は最善を尽くせばそれでいい。

すい臓がんだったらしい。
医者にノーサイドの笛を吹かれた。「余命3か月」
その時それに対し本人の平尾さんは
「もういいか。」
ラグビー同様、人生においても最善を尽くして生きてきたに違いない。
「もういいか。」この言葉の深さに感銘を受けた。

私には絶対に言えない言葉。
もがき苦しむ自分がいる。

ご冥福をお祈りします。
[PR]

by abacus88 | 2016-10-21 08:39 | 雑感 | Comments(0)  

<< 片平なぎさ 二時間ドラマ 木曜日の夜 >>